「ウォシュレット」がやってきた。

自分の症状は軽くなったものの、家人に風邪が移り、かなり咳き込んでいるので11時ころ近所の病院に連れていく。
インフルエンザも流行っているせいかかなりの混雑で、病院を出たころにはお昼をかなりまわってしまったのでランチは外で食べることにする。店の名前はメモしなかったが、近所の中華料理屋へ。まだ食べたことはないがここには「水戸藩ラーメン」なる水戸黄門が食べたという、日本初のラーメンを再現したメニューがある。この店は今日が二度目のぼくは普通の醤油ラーメンと餃子、家人はすっぱからい酸辣湯麺。とうぜんこちらも箸を伸ばして味見。どっちもなかなかうまい。他にもいろいろメニューがあるのでまたくるのが楽しみである。
家人が元気になってきた、というので我が家のちかく、といっても徒歩20分くらいのところにあるホームセンターまで散歩がてら出かける。目的はここにあるペットショップで、ワンコを見ることだ。やたらすばやくて元気なミニチュアダックスがいて、見ていて飽きない。勝手に「中邑選手」と名付けて喜ぶ。ついでに店内を歩いていると衝撃の発見。
「特売・温水洗浄便座 定価63,000円が19,800円」!!!
温水洗浄便座といえば「ウォシュレット」ではないですか。あのあったかいお湯でシュワーっとおしりを洗ってくれるやつです。あの気持ちよさを家で味わえるとすれば、しがない社宅のトイレも天国ではないですか。
ぼくは早速店員さんを呼んで聞きました。これはどんなトイレにもつくのですか。あのしがない社宅のトイレにもつくのですかと。答えは「無問題」。
ぼくは家人におねだりしました。ほんとは別のものであとでもらうはずだった去年の誕生日プレゼントの代わりでいいと。これがいいと。こんなチャンスは二度とないのだと。
大きな梱包でしたが帰りの足取りは軽かったです。取り付けも意外に簡単でした。
もちろん使用者第一号はワタクシ。あ~、きもちよい。

(三洋電機製なので正確には「ウォシュレット」ではないけど、「ゼロックス」や「バンドエイド」みたいなもんなので、ウォシュレットでいいでしょ。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)