« August 2007 | Main

呑斉会。

070922.jpg高瀬先生のお酒の会。今日は先生のお宅に5つある冷蔵庫のお酒を整理する会。参加者が少なめだったこともあり、一人当たり4合びん換算で5本分くらいの量があるとのこと。ものすごい古酒なんかもあったので。がんばって口をつけることが出来たお酒は以下のとおり。

 

喜(七がみっつのほう)久盛 純米吟醸 H19年
久保田萬寿 杜氏ボトル '07年 (参加者持込)
越乃寒梅 吟醸 '04年
梅錦 究極の酒 '04年
〆張鶴 大吟醸 S60年
李白 大吟醸 H3年
秀よし 大吟醸 '04年 (参加者持込)
浦霞 EXTRA 大吟醸 '07年
三笑楽 大吟醸 (一級) ビンテージ不詳
龍勢 純米大吟醸 14BY
旭若松 純米 無濾過生 '07年
亀の翁 純米大吟醸 H13年
敷島盛 S53年
龍力 本醸造 花瓶みたいなボトル入り H17年
梅の宿 Unfiltered '02年
天心 生熟成 H17年
天明 にごり
米鶴 純米大吟醸 '06年
山鶴ミニボトル S63年~
天覧算 純米 '00年

面白かったのは「かんすけ」製造メーカーの根岸社長がもってきた鶴齢純米吟醸('05年)を常温でそのままおいたものと、脱酸素材を入れたビニール袋に保存したものの飲み比べ。前者は老ね香がする普通の古酒になっていたが、後者の方は熟成はしているものの老ね香がなく、明らかに違うものになっている。そしてうまい。大事なワインなんかをこうして保存したらよいなあ。

2次会はいつものばあちゃんの店、両関酒場でビール。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バレー・カレー。

吉祥寺の無印良品の正面アタリにカレー屋を発見、入ってみる。名前は「バレー・カレー」。チェーン店らしいが、カツに力を入れているらしい。
カウンターだけの店内には、トントントンという音が響いている。店員が豚肉をたたいている音だ。期待が持てそう。
カレーはヨーグルトが効いた北インドのものを思いっきり和風にした感じ。斬新な感じでおいしい。カツもやわらかく、さっくりと揚がっている。カツはカツカレー三冠王のゴーゴーカレーに勝っていると思う。CoCo壱番、ゴーゴーに続く、期待のカレー屋さんである。

夜は学生時代の先輩達と池袋「魚金」で一杯。ぼくの同期の一族が経営している、セレブ地区にあることで有名なスーパーマーケットが倒産したという話を聞く。ぼくの場合は勤め先であったが、家業だとつらいだろうなあ。明日電話してみることにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神楽坂「ビストロ・ド・バーブ」


070914.jpg
日本酒会の大物、松崎晴雄さんとその奥さま、ぼくと家人とで神楽坂のフレンチ、「ビストロ・ド・バーブ」へ。メンツといい、場所といい、なんかミスマッチなのであるが、実は松崎さんの奥さんのノリコさんは高瀬先生の日本酒仲間でスペイン通のフリーライター。家人はノリコさんが本を出したのと同じ出版社の編集の仕事をしたことがある、という関係。先の我が家でのBBQにいらしていただいた際、おいしいレストランの話で盛り上がり、お二人のお住まいのご近所である神楽坂でおすすめのフレンチに以降ということになったのだ。

お料理はプリフィクスで3,980円。ばくは前菜にアワビのマリネ、メインがごまをつけて焼いたラムチョップ。家人はメインに鴨。どの料理にもびっくりするくらいの野菜が盛り付けてあり、これがまたおいしい。ワインもリーズナブルでよいものが揃っている。久我山もこういう店が近所にあるといいのになあ。

費用はワインを3本(泡、白、赤)あけて4人で2,9980円。

p.s.遅れてごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

永福町「ラ・ピッコラ・ターヴォラ」

Image070902.jpg昨日の失敗を取り戻すべく、以前満席で入れなかった永福町のLa Piccola Tavolaというイタリアンのお店に予約して家人とランチる。ここはナポリのピザ職人がオーナーで、石窯を使った本格ピザが食べられるということで有名だ。

12:00の開店後、予約したぼくたちはすぐに席に案内されたのだが、しばらくするとほぼ満席。ほんと人気店なのだ。せっかくなのでピザを注文することにし、家人は一番シンプルでオーソドックスなマルガリータ(1,480円)、ぼくがシーフードたっぷりで一番豪華なペスカトーレ(2,580円)を選ぶ。ランチは夜と同じ値段のこのお皿にサラダとソフトドリンクがついてくる。

運ばれてきたピザいやピッツアは電話で注文するアレとはまったく違うもっちもちの生地。マルガリータにはとっろとろのモッツァレラチーズ、ペスカトーレにはチーズは乗っていないのだが、エビ、タコ、アサリが満載。こりゃーうまいです。ブォーノ!であります。

10月にイタリア旅行に行く予定なのだが、よい予行演習になりました。ただ、昨日の焼肉がよくなかったのかお腹の調子が悪く、お酒を飲めなかったのが残念。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

久我山「のと一」。

昨日、商社時代の後輩、やまちゃんと池袋のアントニオ猪木酒場にいって少々疲れ気味だったのだが、家人が最近久我山にオープンした「のと一」という焼肉屋に行ってみよう、というのでがんばってきた。ここは以前行った呵々大笑の後にできたお店だ。焼肉と能登の材料を使った店、との事だったがらしい料理はほとんどなし。フツーの町の焼肉屋でした。

呵々大笑はそれなりに行く価値はあったのだけれど(サービスはとにかく)、ここはまわざわざ足を運ぶ店じゃないね。ちょっと褒めてあげればご飯がおいしかったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main